歯を白く美しくするホワイトニング情報をご案内しています。

いわゆる歯科とはホワイトニングは異なる


いわゆる歯科とはホワイトニングは異なる
そもそもオフィスホワイトニングというのは、歯の表面に薬剤を塗布させ、レーザーや光を当てることで歯の色素を分解させていきます。
術後には綺麗な歯をすぐに実感することができ、即効性がホワイトニング人気の要因なのです。
ホワイトニングと呼ばれる治療は、コーヒーやお茶、また加齢などで着色してしまった歯を、削る必要なく白くすることの出来る治療のことを言います。
美しい歯を実現することで、笑顔が美しくなり、自分に自信を持ち前向きな人生を送ることができるようになるでしょう。

ホームホワイトニングでは自分の歯の形をしたマウスピースをまずは作成し、専用の薬剤を入れ装着をすることになります。
低濃度の薬品であるため安全性も高いなど、ホームホワイトニングにも様々な薬品が使われています。



いわゆる歯科とはホワイトニングは異なるブログ:19年01月23日

今日は久々に筆が進みそうです。


「鳥肌が立つ」という感覚。
この「鳥肌感」は不快な時と快感な時の両方感じるものですね。

例えば、自分の心にずっしり響く音楽を聴いたときや、映像を見たとき。
これは、快感の果ての鳥肌です。

逆の場合、何故かその鳥肌感はなかなか消えることなく、
ざわざわと首筋やうでや背中を騒がせる…とてつもなく嫌な感じ。

「黒板に爪を立てる音が最悪」とか、
「一斉に並んだ○○を見るともうダメ」など、
人によって様々なマイナス鳥肌感がありますが、

ぼくの場合、「割り箸」がその最たるものなのです。

割り箸を代表として、
爪楊枝、アイスキャンディーのヘラなどがあります。

口に入れたら最後、
口の中の水分が全て吸い取られるようなあの感覚…
あーっ、考えただけで鳥肌が!

例えば
14時食のお弁当に買い割り箸が付いてくると、
行儀が悪くてもお茶や味噌汁にじっくりと箸を浸して、
あのガサガサ感を払拭しない限り、
ぼくはいつまでもお弁当を食べられないのです。

更にコンビニでアイスキャンディーを購入する時は、
店員さんが当然のように「ヘラ」をレジ袋に入れようとするのを制し
「す、すみません、プラスチックにしてください!」と懇願。

凍ったままのアイスキャンディーの表面に突き刺さる
ヘラのガサガサを想像するにつけ、
アイスキャンディーの冷たさ以前に
ゾゾ-ッと背筋を寒い感覚が走り抜けるのです。

アイスキャンディー食べたい、でもこのヘラは使いたくない、
でも他に変わるものがないといった場合は、
ヘラを水にとことん浸して、色が変わるくらい馴染ませてから、
溶けかかったアイスキャンディーをすくうのです。
こんな面倒な手間を面倒と思わせないほどのヘラ威力。

爪楊枝をくわえる人を見ると
「口の水分は大丈夫なのか?」と心配になってしまいます。

え?もう時間だ。仕事行ってきます~
いわゆる歯科とはホワイトニングは異なる

いわゆる歯科とはホワイトニングは異なる

★メニュー

いわゆる歯科とはホワイトニングは異なる
人気のプチ整形は米国のアラガン製ボトックス
インプラントなら非常に丈夫な歯を作る
品川にある優良美容外科で注射リフト
レーシックなら神奈川の美容外科を利用
肌の若返りを実現!皮膚美人を目指そう
レーザー治療を提供する美容皮フ科
正しくニキビ跡の治療は皮膚のニキビに対する治療後
湘南美容外科クリニックで医師募集を探す
美肌若返りを実現するケミカルピーリング


ページ先頭 ページの先頭へ
トップに戻る トップに戻る
友達に教える 友達に教える
(C)最高の美しさを手に入れる美容整形ガイド